MENU

社員インタビュー

スポーツを通じて、

地域に貢献したい!

企画営業 / 2009年入社

AKIKO

ISMに入るまでの流れを教えてください。

物心つく前から野球が大好きでした。野球には独特の間があって、そこにいろんな人の駆け引きがある。どんな駆け引きかを自分なりに想像するのが楽しくて、ずっとスポーツ関係の仕事を希望していました。大学卒業後は某球団で映像コンテンツの制作や場内演出ディレクションを担当し、次に別の球団で番記者も経験しました。学生時代に目標としていた仕事はある程度叶えたという達成感はすでに得ています。ただワークライフバランスについて考えると、次のステップに進む時期だと思いました。スポーツ業界で働くという初心は変わらなかったので、球団の仕事をしている間に知り合った方々に相談したんです。その過程でISMからサッカークラブの公式サイト運用のお話がありました。新しい環境で野球以外のスポーツに触れるチャンスですし、これがステップアップだと思い入社しました。

ISMで働いてみてどんなやりがいを感じましたか?

入社後はサッカークラブの公式サイトを担当し、広報さんとやり取りしながら企画・運用・課金事業に従事していました。前職でも公式サイトの担当をしていた時期がありましたが、発注される側の立場になって初めて、売上・原価・利益という金銭面を意識し、いかに収益を得るか、という思考を持つようになりました。同じスポーツ業界とは言っても、スポーツビジネスという意味では、ISMで初めて実質的に取り組むようになったと実感しています。

入社して4年目に、ISMでスポーツエンターテインメントプラットフォームのプロモーションを手がけることになったタイミングで、企画・営業職に異動になりました。私は球団での職務経験はありましたが、クライアントのプロモーションをスタジアムなどリアルな現場で企画・サポートするのは初めてで、最初は本当に手さぐりでしたね。どうにか大きな事故なくやりきりました。営業の素晴らしいところは、社内外問わず、広く様々な人と出会えることと、人と人とのつながりによって、相互にビジネスに限らないメリットが生まれることだと実感しました。

仕事をするうえで大切にしている価値観は何ですか?

スケジュールを守ること、クライアント側の声に耳を傾けることでしょうか。知識や経験だけでは、極論何もできません。100%以上のものを返して初めて信頼が生まれ、次につながっていくのだと思います。

今後の目標は?

10年以上スポーツに従事してきた立場の人間として、スポーツを通じて地域に貢献できれば、という思いが強くなりました。いまは、スイーツマラソン事業部に所属し、各地でスイーツマラソンを企画・開催しています。いずれは東北をはじめとする地方都市で、イベント開催を通じて地域の人々に楽しんでもらうこと、地域外から人を呼び込み、その土地土地を活性化することに貢献したいと考えています。

Schedule

  • 6:00
    起床 / 朝食 / ウォーキング
  • 9:00
    出勤
  • 10:00
    出社 / メールチェック / 社内ミーティング
  • 11:00
    営業(電話) / 社内会議 / 資料作成
  • 13:00
    ランチ
  • 14:00
    外回り
  • 17:00
    帰社 / 資料作成 / 社内報告
  • 19:00
    終業 / ジムもしくは友人との飲み会など
  • 24:00
    就寝

PAGE TOP