MENU

社員インタビュー

スポーツを主語とした事業を

創り上げることが目標

企画営業 / 2014年入社

KENTA

ISMに入るまでの流れを教えてください。

サッカーが好きで、小学校2年生の頃からいまに至るまでずっとプレーしています。大学を卒業する前に自動車メーカーに内定をもらっていたのですが、結果的にそれは選びませんでした。40年以上仕事をすると考えたら、目先の半年よりも、長い目で見たときに好きなスポーツ関係の仕事でなければ続かない、それ以外の仕事はできないなと思ったんです。それでスポーツのソーシャルゲーム運営をしていた会社にアルバイトとして入社しました。内定を断ってまでやりたいと思っていたスポーツの仕事は面白く、その当時関わっていたのはプロ野球を題材としたソーシャルゲームでした。初めて行う重要な業務でしたがまったく苦になりませんでした。後、自ら志願してプロモーションの事業部に異動することができました。そして、プロ野球を始めとするスポーツに関連したクライアントとの接点が増えていく中で、スポーツを題材とした事業を自ら展開していきたいと感じました。そこからスポーツ業界への転職活動を始めました。ISMはクライアントとして接点がありましたので良く知っている会社でした。スポーツがメインの会社ですし、スポーツを題材とした事業ができると感じたため入社を決めました。やりたいことを実現させることはもちろんですが、高木社長の人間性に惹かれた部分もあります。その当時の印象としては、意思決定のスピードが早く、絶対的な信頼をおける人だというものでした。今でもその印象はあまり変わらないですね。

ISMで働いてみてどんなやりがいを感じましたか?

入社後の担当業務ではMD(商品開発から販売まで)、PRなど、自分のやりたいことができています。たとえばプロ野球の仕事がしたい場合は、クライアントに対してどういう提案をすればいいかを自分で考えることから始まります。企画を組み立て提案し、それが通らないと振り出しに戻るという難しさはあります。それでも自分のなかに蓄積されるものはありますし、人間関係も構築できてきて、自信にもつながります。提案が認められて、複数の商品を自社サイトで販売して収益化できているケースもあります。そういう場合には自分でも「思い通りの仕事ができた」と嬉しくなりますね。

仕事をするうえで大切にしている価値観は何ですか?

あたりまえのことですが、提案するクライアントが求めている事を考えながら提案書を作成してます。さらに大切にしている事は、仕事のスピード感です。競合相手は多いので、その競合より早く動くことも大事です。そのためスポーツに関連した情報は特に注意してみています。時にはニュースで仕入れるのでは遅いこともあるので、クライアントと商談している過程で引き出すことも多いです。そのため、クライアントのことは徹底的に勉強するようにしています。また、人間関係を構築して信用してもらうために、どんなに細かいことでも仕事をなげやりにしないで、約束は守るようにしています。

今後の目標は?

スポーツを主語とした事業を創り上げることが目標です。また、スタジアムを常に満員にしたいという気持ちもあります。そのためにやらなければならないことはたくさんありますね。あとは若い方がスポーツ業界に入って活躍できる環境を作れると最高です。スポーツ業界への入り口は狭く、入っても活躍できるとは限りません。働く環境を整えていけたらと思っていますし、そのチャンスはゼロではないと感じています。その結果、スポーツ業界の底上げに繋がっていけば良いと感じてます。

Schedule

  • 8:00
    起床
  • 9:15
    出勤 / スポーツメディアで情報収集
  • 10:00
    出社 / メールチェックと返信対応 / 会議
  • 13:00
    ランチ
  • 14:00
    外回り
  • 18:00
    1日のまとめ / 明日以降のタスク確認
  • 19:00
    退社 / 会食
  • 22:00
    帰宅
  • 1:00
    就寝

PAGE TOP